MENU

オイリー肌にあぶらとり紙は実は危険だった!?

顔に皮脂が浮いてくると化粧崩れの原因になり、ニキビ吹き出物ができてしまいそうにもなります。

 

こんな時はあぶらとり紙やティッシュペーパーで皮脂を吸い取ってスッキリしてしまいがちですが、実はそのあぶらとり紙がオイリー肌を加速させる原因になっていることをご存じですか?

 

実は皮脂は顔の肌にとって非常に重要な役割を果たしています。ここれはオイリー肌の正しいあぶらとり紙の使い方についてご紹介します。

 

 

顔の皮脂の役割

バリア機能

皮脂は角質層の水分と細胞間脂質とともに、様々な外の刺激から肌を守るバリア機能の役目を果たしてくれています。

 

紫外線から受ける影響もこの皮脂膜のおかげで軽減しているのです。

 

乾燥から肌を守る

皮脂はたくさんの成分からできていています。それが汗と交じることによって「皮脂膜」となり、角質層の水分を閉じ込めてくれます。

 

皮脂膜がなくなると?

この皮脂膜がなくなると、バリア機能が弱くなり水分が蒸発して肌が乾燥しやすくなります。すると肌は乾燥を防ぐために皮脂をたくさん分泌するようになります。その結果、すぐに肌がテカる「オイリー肌」になってしまうのです。

 

皮脂が多く分泌される肌状態になるとニキビ・黒ずみ・毛穴の開き・くすみ・化粧崩れができやすくなります。

 

毛穴の黒ずみやくすみは、皮脂の酸化によるものです。

 

つまりあぶらとり紙で皮脂を取りすぎて皮脂分泌量を増やすと逆にオイリー肌になるだけではなく厄介な肌トラブルを増やしてしまうことになるのです。

 

あぶらとり紙の正しい使い方

余分に出ている皮脂だけを取り除く

あぶらとり紙はたくさん皮脂が取れるシートだと何枚も使うのが楽しくなってしまいますよね。ですが、顔の皮脂の摂り過ぎはNGです。
何枚も使って肌の皮脂を全て取り除いてしまうのではなく、余分な皮脂だけを取り除くようにしましょう。

 

あぶらとり紙は顔の部分でもよくテカってしまうTゾーンだけで大丈夫です。

 

1日に使う枚数に気をつける

また1日に使うあぶらとり紙の枚数は1枚〜2枚程度が適度です。それ以上は使いすぎになってしまうので気をつけましょう。

 

皮脂の取り方に注意

あぶらとり紙は顔に強く押し付ける必要はありません。ギュッギュッと指で押さえつけて皮脂を取りたくなりますが、そっと皮脂を吸い取るくらいで大丈夫です。

 

指で押しながらあぶらとり紙を使用すると肌が乾燥しやすくなってしまいます。

 

ティッシュでオフする方法もあり

顔があまりテカっていない場合はあぶらとり紙ではなく、ティッシュで皮脂をオフする方法もありです。

 

化粧なおしの時はあぶらとり紙を使い、それ以外の時はティッシュで軽くオフする程度が肌にはベストです。

 

あぶらとり紙を正しく使って素肌美人に!

あぶらとり紙でテカリ知らずの肌になるには正しい使い方をマスターすることが大切です。

 

ただ単に脂を取ろう!と思うと皮脂を取りすぎてしまい、結果的にオイリー肌を悪化させてしまっている可能性もあるので、皮脂を取りすぎない使い方を意識するようにしてくださいね。